1. 無料アクセス解析

Les Françaises et une Japonaise

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Le passé n'est pas simplement le passé

Il me semble le passé n'est pas simplement le passé.
Le passé crée le présent, le moi actuel est un entassement
de mes passés.Mais c'est vrai, le passé m'empêche de
bien goûter le présent. Maintenant je me souviens beaucoup
ce vingt ans. C'est peut-être le moment où je devrais bien
ranger ces souvenirs, dans chaque carton. Si je les mets dans
chaque carton, je ne mettrait le scotch ou pas ?

Celine

お帰りの際にブログランキングにワンクリックを願いします。
 

最後の鐘

いつかお寺の鐘の音を聞きながら感じたのは、
最後の瞬間に思い出すのは日本の歌だろうということで、
パリのある教会で仏教音楽の演奏が行われた録画を
見たときになぜか幸せな気持ちになったのもそういうことだとは
思う。私の芯の部分には打ち消しがたい古い日本の文化が
生きていてそれが共鳴するのだ。フランスにいる時は
心の静けさが必要になったら無意識に教会へ歩いて行ったり、
きっと心の中で求めているのはお寺の建築の古い木の香りや
お線香の香りだったりしたのだろうけど・・・。
もし、何の枠組みに囚われることもなく何かを書いたり
創ったりするとすれば、今の私はそういう部分を掘り下げることを
もしかして必要としているのかもしれない。

Celine

お帰りの際にブログランキングにワンクリックを願いします。
 

Pourquoi je voudrais continuer à écrire dans le système universitaire?

On me dit qu'il faudrait bien réfléchir, si je continue à étudier au doctorat. C'est parce que je suis déjà trop âgée pour devenir un chercheur.
Alors pourquoi je voudrais encore continuer à étudier?
Ça n'apporte rien? Pourquoi je pense à rester dans une université?
Au commencement, parce que je voulais devenir un peu plus sage que maintenant; j’avais senti que ma capacité n'était pas encore développée. Je voulais avoir un métier qu'on ne demande plus les photocopies ou le café.
Alors maintenant pourquoi faire?
Ça ne changera finalement rien, je continuerai à écrire, parce que je voudrais approfondir ce que j’ai déjà commencé.
C’est seulement pour ça, et puis pourquoi je dois être dans l’université ?
C’est parce que j’ai besoin d’un directeur qui me dirige et également je trouve que la qualité des informations qu’on trouve dans l’université est bien élevée par comparaison celle que l’on trouve dehors du monde académique. Bien sûre, on trouve tous les livres dans les bibliothèques ou les libraires, cependant qu'on n'a pas vraiment bonne information concernant lequel livre on doit lire pour écrire...
Bon voilà, voilà , bref, j’admis que j’ai une sorte de snobisme intellectuel. Ah voilà voilà. Alors pourquoi faire? Je continue d'être snob ou pas?

  Celine

お帰りの際にブログランキングにワンクリックを願いします。
 

フランセーズ達の中への突撃!6.

   ところで、この演劇はフランス語習得上にはまぁまぁ役立ったのではないかとは思う。つまり、
フランス語で考えフランス語で直接反応することが、そこでは基本ベースだったから。
これは非常に重要だけれど、論文書いたり家に閉じこもる作業が多くなるとどうしても
そちらの方が主になるので、外に出ない。外に出ないのでフランス語に接しない、
接っするのは自分の書いたかなり変なフランス語だけ。
   よって、フランス語らしきもので考えたり表現したりはしているのだけれど、それは外国人の
フランス語でしかない。という悪循環に陥って行くのでそれをどこかで断ち切らないといけない。
かと言って、あまり興味のないこととか、買い物など具体的過ぎる内容のことだと簡単すぎる。
   フェンシングも結構良かったけど、これは師匠の教え方が非常に上手だったからかな。
それとも、旨く人間関係が築けていたからかもしれない。どうかな。結果的に、論文と相性の良いのは
演劇よりもフェンシングという印象が、今はあります・・・。ちゃんちゃん。

西田幾太郎

最近、もっときっちり哲学を勉強したいなぁと思う。
まぁ、修論を提出し終わったら何か本を読んでみよう
かなっと。
もうすぐ男に食わせてもらう生活も終わりかと
思うとなかなかなごり惜しい。
いやぁお昼寝のある生活ともしばらくお別れかなぁ。
お名残惜しい・・・。さようなら~。さようなら~。

ちょっとお疲れぎみのセリーヌからでした。
西田幾太郎
Profile
フランス生活で日々 感じたことなどを地道に綴って いきたいと思います。 美しくて気まぐれで直情型のフランス女達と マイペースな1人のジャポネーズとの 壮絶バトルもあるかも・・・?

Celine

Author:Celine

もっと沢山の人に記事を読んでもらえたらと思い、 ブログランキングへのタグを貼り付けてみました。 記事がお気に召しましたら、お帰りの際に 各記事の下もしくは下に貼り付けた 赤色背景にひよこのアイコンへ ワンクリックをお願いします。
Espace libre
赤いアイコン↓へ応援クリックお願いします。
Latest Entries
Latest Comments
Monthly Archive
Espace libre
celinebizet.bizet Arrobase(あっとま~く) gmail.com 個人的なメールは上記の アドレスまでどうぞ! Si vous voulez me contacter, n'hésitez pas m'envoyer directement un petit mot.
Category
Calendar
10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Blog Entry Links

show all entries

Lien de tous articles

Afficher tous les articles

FC2 Counter
Latest Entries
RSS
Latest Trackbacks
Catégories
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。