1. 無料アクセス解析

Les Françaises et une Japonaise

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女という生き物について

 女という生き物は万国共通、嫉妬しあう。相手が若くて美しければ美しいほど、その嫉妬は激しくなる。ただ、それをストレートに表現するか、遠まわしに表現するか。その嫉妬の炎に身をゆだねるかゆだねないかは、本人の選択や性格、また国民性にもかかわってくると思う。例えば、日本人だったら恐らく例え嫉妬心がメラメラと心の奥で燃盛ってていたとしても、おくびにも出さずに、平然とその女友達として振舞うかもしれない。そして、ある日彼女の夫または彼を寝取ったとしても、平然とそのことを隠し続けて彼女の女友達として振舞い続けるのかもしれない。フランス女の場合、恐らくこういうケースも存在するかもしれないが、彼女達はストレートに「欲しいものを欲しい」と、その夫の妻の前で行為または言葉で表現するような気がする。そして、フランス男も、そんな彼女の意思に答えて、安々と陥落してしまうかもしれないし、または、ソフトで物腰の柔らかいフランス男達のことだから、やんわりと相手の誘惑を上手にかわすのかもしれない。
 女という生き物に合わせるように男も自由自在にそのあり方を変化させものだから、女性が強いフランスでは男性の物腰や言動は非常に柔和だ(例外はどこにでもあるが・・・)。ただし、だからといって男がマッチョでないという訳ではない。家庭の中では態度を豹変させて暴力的になる男もいるし、家事に関わることは何もしない男だっている。ただ、フランス女性は子供を持っても当たり前に仕事を続けるために、夫が夫としての役割、もしくは父としての役割を放棄すれば黙ってはいない。彼女達は彼らに、夫としてもしくは父としての役割を遂行するように言葉や態度で表明するし、表明し続けても彼がそれを果たす見込みがないと悟った時には見切りをつけるのは非常に早い。
 という訳で、フランスにおいては結婚は一生有効という訳ではない。たとえ、神の前でまたは市役所で結婚を誓ったとしても、それはその時にそういう心構えが二人にあるという事実表明だけである。恐らく、結婚する二人は離婚のことを前もって考えたりしないかもしれないが、離婚という選択肢が存在するということもフランス人達の頭の中には常に存在している。そういう手段をとることを恥であるとか外聞が悪いという様に考えることは無い。それは、二人の目指すものが異なっていた。または、その違いが分かり、お互いに新しい道を取り、より幸せになるための手段であると考える。また、子供を母親一つの手で育てるという考え方も無い、例え離婚したとしても子供の父親であることには変わりないので、子供達は週末になれば父親の家に泊まりに行く、もしくは父親の方が子供を引き取ることだってありうる。
 日本の社会で離婚というと何だか人生誤ったような見方をされるけれど、フランス女もフランス男もそのような考え方はしない。うまく行かなければ別れて新しいパートナーを探したほうがより幸せになれると考える。だから離婚暦2回や3回の人がザラに存在する。どんな、人生を歩もうと他人がとやかく言うべきことではないし、また、最後に責任を取るのは自分自身であるということをフランス人達は良く分かっているのかもしれない。また、結婚というスタイルを取らない事実婚カップルも多く存在する。その方が別れるときに法的なシガラミが存在せず、すっきりと分かれられ、自分の所有物は自分の所有物であり続けるという利点がある。ただ、自分のものだと思っていたものが、知らぬうちに相手のものになっていたり、相手のものだと思っていたものが知らぬうちに自分のものになっていたりすることが、カップルの間では存在するので、小さな財産分与は法的には存在しなくても、現実的には発生するかもしれない。
教会

スポンサーサイト
コメント:
Re: kyoukai
Bonjour Geolemaudit,
v-252Merci de m’avoir répondu. Oui, très belle photo! Violon d'Ingres?
2009/04/06(月) 15:00 | URL | Celine #-[ 編集]
Re: kyoukai
> Belle photo, c'est où?
2009/04/06(月) 22:59 | URL | Celine #-[ 編集]
日仏の夫婦の離婚について
Bon article sur ce sujet!
離婚についてフランス人と日本人の考え方が違います。
日仏の夫婦の場合は日本の社会の考え方も日本の法律も西洋と違いますから問題です。
日本で離婚がうまく行かないフランス人両親のためのサイト:
http://sos-parents-japan.org/
できたらサインして下さい。
2009/06/28(日) 19:04 | URL | Aileté #2uuCCGIg[ 編集]
Re: 日仏の夫婦の離婚について
Bonjour Monsieur Aileté
Je vous remercie de m'avoir écrit. Oui, je connaissais ce problème. La difficulté de la divorce entre les couples franco-japonais. Cette fois je relirai plus nettement les articles.
今日は。この団体が存在することは以前から存じ上げていました。2国間の法律と文化の問題がからんで くるので日仏間の夫婦の離婚についてはさらに難しい問題が起こりますね。

2009/06/28(日) 22:59 | URL | Celine #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
Profile
フランス生活で日々 感じたことなどを地道に綴って いきたいと思います。 美しくて気まぐれで直情型のフランス女達と マイペースな1人のジャポネーズとの 壮絶バトルもあるかも・・・?

Celine

Author:Celine

もっと沢山の人に記事を読んでもらえたらと思い、 ブログランキングへのタグを貼り付けてみました。 記事がお気に召しましたら、お帰りの際に 各記事の下もしくは下に貼り付けた 赤色背景にひよこのアイコンへ ワンクリックをお願いします。
Espace libre
赤いアイコン↓へ応援クリックお願いします。
Latest Entries
Latest Comments
Monthly Archive
Espace libre
celinebizet.bizet Arrobase(あっとま~く) gmail.com 個人的なメールは上記の アドレスまでどうぞ! Si vous voulez me contacter, n'hésitez pas m'envoyer directement un petit mot.
Category
Calendar
03 | 2017/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Blog Entry Links

show all entries

Lien de tous articles

Afficher tous les articles

FC2 Counter
Latest Entries
RSS
Latest Trackbacks
Catégories
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。