1. 無料アクセス解析

Les Françaises et une Japonaise

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Entre le vieillissement et la maturité

Entre le vieillissement et la maturité
       ---成熟と老化の狭間で---

 例えば1億3千万人もの人間が密集している日本でずっと生活していたら、
「一人では生きられない。」
と、今私が感じている程には切実には感じなかったかもしれない。

 むしろ一人の時間が欲しい時もあるし、交際費はやたらお金がかかるから、
別に誰とも会わなくても良いやなどと思ったりしたりもしていた。いや、多分
煩わしい人間との関係に時には無感覚に、どうせ長年続くわけでもない
友情や恋愛感情といったものに懐疑的になっていたのかもしれない。

 または、果敢に他人の人生に干渉してくるくせに
最後の責任をとる訳では全然ない人々に、かなりうんざりしていたのかもしれない。

 今、フランス生活まる2年を突破して、一人では生きられないことを切実に感じる。
それは、友達がいるとか仲間がいるとか、家族が近くにいるかいないかとか、
恋人がいるかいないかとか、すでにそういう次元を超えて、そもそも人間の生活というものが
一人で回るものではないのだということを切実に感じるのだ。

 もう15年も前になるかもしれないが、もう亡くなってしまった人にだけれど、

「Celineよく覚えておきなさい。
人という漢字は一人の人と一人の人が支えあっているっていうことなんだよ。」

なんて使い古された言葉を何かの門出に言われた時は、
生意気ざかりの私は鼻で笑ってしまったけれど、
でもやっぱりどんなに頑張っても人間は一人では豊かではないのだ。

L Eglise Solferino

 明日、無人島に流されるまたは砂漠に放逐されるというような刑を受けたとして
もし神様という存在があったとして、

「何か動物を一種類、一匹だけ道連れに連れて行って良い。」

と、許されたならば、私は多分、人間の姿に良く似た、猿かオラウータンを選ぶと思う。

 こんなにも、生きている人間やその形に近いものを恋しく感じるようになったのは、
私がいつも家族と離れ離れでいるせいなのか、
それとも年齢を重ねるに連れて、どんどん人恋しくなるものだからなのか、
もともといつも誰かが側らにいてくれたのにちっとも気づかなかったのに、
最近そのことにやっと気付いたせいなのか、自分でも良く分からない。

 ただし、日本にいたら多分分からなかっただろう、お金を大して掛けずとも、
例えばごくごくたまにカフェで情報交換してみたり、そんなお金ももったいないと思う時には
図書館に出かけてみたり、
友達にたまにはお茶を飲みに来てもらったりということが、自然にできるようには
なったとは思う。

いや、先日は反対に、バカンスから戻ったばかりの積極的なフランセーズが

「近くまで来てるんだけどあと10分くらいで、もしCelineが良かったら遊びに行きたいんだけど。
 どう?はっきり言ってね、都合がわるいときは断ったっていいんだから、
 大丈夫よ!」

なんて、元気に電話をくれたので、ちょっと家の中は汚かったので躊躇したのだけれど、
上がってもらったのだった・・・。

 そして、何だか彼女が帰った後に、やはり多少疲れたのだが、
何となく嬉しいような人間として、とっても大事にされているような、
そんな気がしたのだった。

 実は彼女には都合があって、近くの彼氏の家に遊びに来たのだが、両親と仲の良い彼が
彼女を置き去りにして出かけてしまい、
次の友達との待ち合わせまでに時間が空いてしまったというまぁ、自己中心的といえば
自己中心的な理由なのだということは、
一緒にお茶を飲みながら話を聞いていて分かったのだけれど。。。

 ただ、気が付いてみれば日本でエゴイスティックであることはよろしくないことであるように
教育されているけれど、なぜフランセーズ達のようにジャポネーズの私からみたら非常に
自分中心に人生やその日の日程を設計してどんな問題があるというのだろうか?

 こんな風に感じるようになった今日この頃を、ジャポネーズのフランセーズ化というのか、
成熟というのか、老化というのか、ただ単に日本語でもコミュニケーョン能力が高い方ではない
のに、フランス語と文化的背景の差異の渦中で、迷いに迷った結果なのか
客観的には良く分からない。

 ただ、今まで私と生活を共にした人々が私を評価するのには、
エゴイスト、情緒不安定、平等主義者、基本的に心根は優しいが
あまりに人を信じすぎ、釣った魚に餌をやり忘れる等々・・・。

 

お帰りの際にブログランキングにワンクリックを願いします。

スポンサーサイト
コメント:
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
Profile
フランス生活で日々 感じたことなどを地道に綴って いきたいと思います。 美しくて気まぐれで直情型のフランス女達と マイペースな1人のジャポネーズとの 壮絶バトルもあるかも・・・?

Celine

Author:Celine

もっと沢山の人に記事を読んでもらえたらと思い、 ブログランキングへのタグを貼り付けてみました。 記事がお気に召しましたら、お帰りの際に 各記事の下もしくは下に貼り付けた 赤色背景にひよこのアイコンへ ワンクリックをお願いします。
Espace libre
赤いアイコン↓へ応援クリックお願いします。
Latest Entries
Latest Comments
Monthly Archive
Espace libre
celinebizet.bizet Arrobase(あっとま~く) gmail.com 個人的なメールは上記の アドレスまでどうぞ! Si vous voulez me contacter, n'hésitez pas m'envoyer directement un petit mot.
Category
Calendar
07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Blog Entry Links

show all entries

Lien de tous articles

Afficher tous les articles

FC2 Counter
Latest Entries
RSS
Latest Trackbacks
Catégories
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。